問題となっている風評被害

最近、大きな災害等があり農作物や魚介類など私たちが口にするものにも様々な影響が出ています。その中でも、全く食品として問題がないのにもかかわらず、消費者が購入しなくなってしまうと言う場合があります。その原因のひとつが風評被害です。風評被害は、昔からありました。例えば、その食品を食べたことで食中毒になったとニュースで伝えれば、その根も葉もない噂によりその食品の消費が抑えられてしまい経済的被害を受けてしまいます。このような問題は、数多くありますが、防ぐ方法があります。それは、きちんとした情報を入手すると言うことです。インターネットでの情報には、本当のものもあれば少し違っているものもあります。ですので、何が本当の情報なのかを見極める目が消費者にも必要となります。また、マスコミなども生産者の声をきちんと伝えることで風評被害を防ぐことが出来ます。



風評被害とはどのようなものか



風評被害は、テレビなどの報道によって根拠のない噂などが広まることによって本来は無関係であるはずの人たちや企業まで被害を受けてしまうことを言います。例えるとするなら、ある会社が提供していたチキンナゲットが原因で食中毒を起こしてしまった時、報道次第ではその会社に関係ない他の会社のチキンナゲットの売上にも影響することがあります。近年、風評被害が多くなり、問題となってきています。なぜ多くなったかというとネットの大きな普及などが理由としてあげられるでしょう。昔はPCはとても高価なものであり、ケータイでもネットを閲覧することができませんでした。今ではフルブラウザに対応しているスマートフォンを使う人口が一気に増えたり、昔よりはるかに身近なものになっています。風評被害は一度受けてしまったらその評価を取り戻していくものは困難です。



風評被害という恐ろしさ



昔から、陰口を叩くという文化は、残念ながら存在していました。最近ではインターネットの普及で、それも更に陰湿になっており、みんなでよって集まってと言う形ではなく、各自PCやスマホを構えて相手を叩くと言ったやり方が主流になって来ています。昔の様に、その場その場で場当たり的に衝突が起こる事はなく、各自みんなが持ち帰って、見えない所で相手を中傷すると言った様な風評被害が増えています。ターゲットとなった人がその事実を知らずに過ぎてしまえば不幸中の幸いですが、何らかの形で知ってしまったとなると、とてもショックは大きいものだと推測されます。多少の摩擦は生じても、その場その場で意見交換が出来る間柄が新の友人であり、相手の意見を尊重し、少しでも取り込んで行ける様に努力する事が、人間関係を円滑に、相手を立てると言う手段ではないでしょうか。

情報漏えい対策など、サイトに合ったコンサルティングをいたします。 ブログ、掲示板での誹謗中傷からお客様のサイトのブランディングを守ります。 掲示板に悪評を書き込まれた、ブログで嫌がらせを受けたなどございましたら、まずはご相談ください。 シエンプレのコンサルティングでは、情報漏えい対策から、風評被害の対策まで幅広く対応いたします。 ネット風評が企業に与える影響をレポートしました。 風評被害対策でお困りの方はシエンプレがご相談を承ります。